[40代からの子育て中女性の転職]仕事や働き方についてモヤモヤした気持ちを整理したい時に、おすすめの本「未来の働き方を考えよう」

おすすめ本

こんにちは!みっちょんです。もうすぐ40歳です。

10月9日です。お誕生日おめでとうメール、お待ちしております。(笑)

思ったより、あっという間にきた40代。

今ね、「転職」についてモヤモヤ、考えることがあって。

今回の記事は、子育て中のママが抱える仕事についての葛藤や私が出した解決策を書いています。

同じように悩んでいる方の役に立てばいいかなと思います。

今、まさに悩んでいること

今、やっている仕事がコロナの影響で減って、仕事がない。(アパレルの物流関係)

転職をしようと思っているのですが、何を優先したら良いか自分の中で整理できなくて、足踏み状態。

求人情報見て、良さそうだなー。。あ、、でも、子供が帰ってくるまでに帰れないな。

持っている資格を生かした仕事がいいかな。(保育士)でも、求人は、朝、晩か。

とか。

何を優先すべきか。私は、どうしたいのか。

いろいろ迷ってるわけです。

もっとシンプルに考えたらいいのに。

これまでの人生ダイジェスト

今まで、子供が生まれるまでは、小学校教員としてフルタイムでバリバリ働いていていました。かなり仕事はハードです。

あの頃は、多分時給500円くらいで働いていたのではないかと。。。なかなかの激務です。

その後は、仕事をやめ、家庭に入る。子供中心の生活。

子供は、無事二人元気に産まれ、身体も心も健康にスクスクと、育ってくれています。

大きな病気、怪我もなく、多分、子育てに関しての苦労は、少ない方なのかもしれません。

それでも、もちろん大変なことも多いですが。病気の時はやはり辛いです。

子育てだけだと、どうにも社会から離れた自分の心がしんどいので、何かしたい。仕事もしたい。

まずは、前からやってみたかった楽器をはじめて、ママさんオーケストラで演奏していました。

とても楽しかったです。

仕事は、自分の子供を育てながらできる 託児の仕事を時々していました。

フリーペーパーを配るような仕事もスキマ時間にちょこっとしていました。

その後、下の子が幼稚園年長の頃から、融通がきく流通の仕事をしました。(今)

その間にふと思いつきでスタートした資格勉強。苦労して保育士の免許も取りました。

さて、この先、どうしよう。

いつまでも子育て中心なのだろうか。。。

そんなことは、ないですよね。

ここ2、3日、二年生次女一人でお風呂に入れるようになっていました。(今までは、ママと一緒)

5年生長女は、もうずーーーっと前から、お風呂は別々です。

次女は、学校も、一人で行って、一人で帰ってくるようになっています。(ちょと前までは、登下校、一緒に行っていた)

昨日は、一人で30分の留守番ができました。(一人でテレビ見たり、おやつ食べたり、のんびり過ごしていたようです。)

あれ。。

ママの必要度、減ってきてるのかも。。でも、まだ離れらなれないような

ここで働き方を変えて、離して良いのだろうか?

ちきりん 未来の働き方を考えよう

この本を読みました。

【最大50%ポイント還元】Kindle本ストア8周年キャンペーン

この本は、2013年の本なのですが、書いていることは今にもしっかり通用する内容です。

今のモヤモヤふわふわしている自分に刺さります。

変化を恐れて過去にしがみつくのではなく、

変化を前向きに受け止め、

新しい時代の可能性を楽しもうとする姿勢が、

時代の変わり目には必要です。

と書かれています。

これまでの生き方は、

学校で勉強して、大学にいき、就職して、結婚、子育て、家庭に入り、60歳になれば、夫婦で海外旅行。

というのが、一般的な「幸せ」だったかもしれない。

でも、今は、年金をあてにした設計が果たして実現できるのかさえ、よくわからない。

もっと柔軟に働き方や生き方を考えても良いのでは?

というちきりんさんの言葉。

そして、印象に残っているのは

頑張っても報われないことが多くなった時代には、

高すぎる目標を持たず、低い目標で成功体験を積んだ方が人生は楽しくなる

できないことには、早めに見切りをつけて、できる範囲でやりたいことをやって楽しむ人生の方が良いのでは?

という言葉。

なんか、頑張らないといけない、目標を高く持たないといけない。

と、考えてしまう私の性格にを入れてもらった気分です。

そっかー。。

根が真面目すぎるんだろうな。そして、私は、プライドが高すぎて、いろいろ思考や行動を邪魔してしまう。

40代で働き方を選びなおす

ちきりんさんは、こう書いています。

職業人生は二回選ぶものと考える。

一生の間に二つのことなる働き方を選べるものだと考えよう

40代の人は、「さて、いよいよこれから新たに職業を選び直す時期だ」

というわけです。

  • 20代から30代は、よくわからないけど、やってみよう。
  • 40代からは、いろいろだいたいわかったから、こっちにしてみよう。

旅行に例えると、

前半は、パッケージ旅行(観光地ツアーも決めてある)

後半は、オリジナル旅行(飛行機だけ予約)

2回目だから、オリジナルが選べる。

というわけですね。

2回目は、

  • 自分のやりたいこと
  • 自分がやりたくないこと

が、明確だから、ことなる道を選ぶ勇気も出てくる。

「自分で創るオリジナルな働き方」ができるというわけですね。

私が考える2回目の働き方

私の場合。

いろいろキャリアがー、収入がー、経験がー

と、焦る気持ちもありながらも、

やっぱり、、、たぶん、、、自分の子育てを疎かにしたくない、後悔したくない。という気持ちが強いんです。

多分、そういう気持ちではなかったらこれまでも別の道を選んでいたと思います。

子供が18さいになり、もう、親の手が必要なくなる時に、

「あの時ああしていれば、もっと関わってあげていれば。」と思うことだけはしたくない。

なので、

出した答えは、

「今の生活を続けられる働き方」「内容は、あまりこだわりすぎない」

です。

学校に行く子供たちに

「いってらしゃい」

帰ってくる子供たちに

「お帰りなさい」が言える働き方にしよう。(なるべく)

そして、部活だ、バイトだと自分たちの生活が

「親」から、「友達や社会」により向けられた時、また、働き方や、仕事について考えよう。

またその時には、状況も考えも変わっているかもしれないので、そういう自分の変化や周りの変化も楽しみながら受け入れていこう。

ということです。

また、それは、そういう働き方ができる今の環境、夫の収入に大きく頼ることにはなるんですが、選択肢がある環境に感謝しないとなとも思います。

いつもありがとう。

好きなことは続けよう

その中で、自分の好きなことは続けていこうと思います。

その一つは、

「ブログ」

です。自分の考えをブログに書いたり、発信することって、おもしろいなと思います。

ストレス発散や、思考の整理にも役に立っているような気がします。

あとは、

「定期的にものを手放す」

いつでもすっきりした空間や、

過去ではなく、今や未来を考える思考にしていきたい。

と思います。

そうそう。

今日は、子供服の整理をしたら、ゴミ袋45リットル分、パンパンになりました。

子供のサイズは、すぐに変わるものですね。頂き物が多かったので、すごい量になリました。。。

これは、捨てずに、小さく切って、

油拭いたり、掃除に使います。簡単に捨てずに最後まで使い切りますよ。

それにしても多すぎかな。。

↓左が次女 真ん中が長女 右はお友達。

三人でショッピングを楽しみました。(母とは離れて)

確実に手は離れつつあります。

私も、自分の第二の人生考えないとね。

これからの働き方、生き方にモヤモヤした時は、ちきりんさんの本を読んでみてはいかがですか。

そして、今の現状を受けいれ、自分や周りの変化を楽しむことが、人生を楽しむコツ

子供は成長するし、手はだんだん離れていくもの。


シンプルライフランキング

【最大50%ポイント還元】Kindle本ストア8周年キャンペーン

コメント

タイトルとURLをコピーしました